-

カードローンなどの返済内容というものは、金融機関によって随分へだたりがあり、多様な方法がとられております。類型的には残高スライド方式やリボ払方法などが多く採用されているようです。そしてこういった多くの人が知ってるリボルディング払ですけれども、本当のことを言えば算出手法には様々な方式というものがあるのです。よってさような法に応じて支払い合計額が異なってきてしまうわけですから知っていて負担になることはないでしょう。それでは易しくこの2つの方式の違いを解説していきましょう。最初は元金均等払いで、もう一つは元利均等払いです。両者はその名のとおり元本について一様にして返済していくというものと元金と利息についてつごうで均一に返済していくという様式です。今回は10万円借金したと仮定し、実際問題としていかような算定をしていくのか試してみます。利率についてはどちらも15%と設定して計算します。リボ払に関しての支払額を1万円と仮定して計算します。先ずは元金均等払いのほうからです。このようなケースのはじめの支払は1万円へ金利分の1250円を合計した引き落としになります。2回目の支払いは1万円へ利子の1125円を足した支払額になります。こうして全10回で支払を終わらせるといった手法になります。他方、元利均等払いとははじめの返済は1万円で元金へ8750円、金利へ1250円といったようにして割り振るのです。次回の引き落しは元本が8750円に減った状態で利率を勘定し、1万円を再び分配します。つまり元利均等払いの場合は10回で返済が終わらない勘定になります。これだけの相違で双方がいかに相異なっているのか十分分かって頂けたことかと思います。元利均等とは元金均等と比較してまぎれもなく元本が減少するのが遅くなっているという短所というものが存在したりします。言い換えれば利子というものを余分に支出するといったことになってしまうのです。反面、1回の引き落しが些少な金額ですむと言うメリットも存在するのです。斯様な引き落し方法の違いによって、返済合計金額というのが違ってくるのであなたの返済計画に合う使用法をするようにしてください。